知ってアクション!土地規制法in松戸 開催しました!

【馬奈木厳太郎弁護士を招いて学習しました】

 みなさん、こんにちは。昨日は、馬奈木厳太郎弁護士を招いて、ゆうまつどで『土地規制法』学習会を開催しました。岡本ゆうこ市議と私で立ち上げた、『希望ある未来へ!松戸アクション』という団体で主催しました。

 あいにくの雨でしたが、昨年11月に引き続き、稀代の悪法『土地規制法』について学びを深めました。この法律は自衛隊基地や米軍基地など重要施設の機能を阻害する恐れがある場合、周辺1Kmの住民や関係者などを調査し、阻害行為をやめなければ場合によっては罰則もあるというものです。

【詳細は後から?!】

 しかしどのような行為が機能阻害行為にあたるのか、何を調査するのか、など詳細は法律には書かれておらず、今後、国会を通さずに政令や省令など政権によっていかようにも作る事ができる、という『罪刑法定主義』という、法治国家の基本理念からも逸脱したような法律です。

【ターゲットは沖縄】

 そして、この法律の1番のターゲットは沖縄であるという事も話されました。この法律の正式名称は「重要施設周辺及び国境離島等における土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律」である事からもわかる通り、国境離島も対象であり、また沖縄は多くの米軍基地があり、沖縄は全島が対象になるとも言われています。基地の反対運動などが阻害行為とみなされ調査の対象となれば、それらの運動への無言の圧力となり、運動は与える影響は少なくありません。

【6月には一部施行、9月〜前面施行】

 このように問題だらけの法律ですが、昨年6月には強行採決され可決、今年5月には基本方針が決まり、6月〜一部施行されます。しかし、このような住民・市民を広く監視の対象とし、思想信条の自由を侵し、住民の自由な抗議運動などを抑圧するような本法律は明らかに憲法違反であり、自由な市民生活とは相いれません。

 私と岡本さんはこの法律を廃止にするための地方議員の集まりである、「土地規制法を廃止にする自治体議員団」に参加しています。全国の超党派の議員の皆さんや市民団体とも連帯し、この法律を廃止にするため、引き続き頑張っていきます。

 まだまだ市民の皆さんに知られていないこの法律の問題をさらに広めて、廃止の運動を広げ、廃止させたいと思います。

 昨日は雨の中、ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。馬奈木厳太郎先生もありがとうございました。

関連記事

  1. 3月議会終わりました!

  2. 本日は松戸市長選挙投票日です!

  3. 「松戸の農業を未来へ」講演開催

  4. 【松戸市議会】国有地取得議案・否決!

  5. 危険な市道の速度規制早く!110筆の署名提出

  6. 市の姿勢をただした一般質問終了

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ミルミルニュース

カテゴリ