【市庁舎ネット】10/5「現地建替え案」で市と会見

 初の会見は大きな前進 引き続き市民の力で現地建替えを早く

 5月の臨時議会で移転用地取得議案が否決され、6月・9月議会の一般質問の答弁では、市は移転建替えの考えを変えていないことがわかりました。しかし、なぜ狭く、高低差もあり、車の出入り口も一カ所、周辺道路も狭いなど様々な課題のある新拠点ゾーンへの移転建替えなのか、納得できる説明はありません。現地建替えも十分に可能であり、現地建替えへ舵を切るべきと、8/3に市民が市庁舎の問題を考え行動する市民の会「みんなで市庁舎現地建替えを考える市民ネット」(以下「市庁舎ネット」)を立ち上げました。

 「市庁舎ネット」では2回の会合を経て8/29に工事費・工期が移転建替えの約半分で既存の建物を生かす「現地建替え市民案」を市長に提出、記者会見も行い、千葉日報などでも取り上げられました。

 その後市がこの案について「市庁舎ネット」と話し合いを持ちたいと提案してきたので、10/5に初の市民と市(新庁舎整備課)の双方向のやり取りが行われました。この市民案についての市の見解は後日文書回答となりました。重要なことは双方向のやり取りを行ったということです。これは大きな前進であり、課長は今後も市民とのやり取りを繰り返し行うと述べており、これは特筆すべきことです。

 参加した市民は「大事な問題なので市民との合意形成を作るという立場に徹してほしい」と発言しました。その通りです。市はこの機会を生かし、市民と対話し、現地建替えでこの問題を解決してほしいと思います。そして耐震化と同時に使えるものを生かす、この画期的な方法を市も検討し、早く現地建替えへ舵を切るべきです。

関連記事

  1. 「国葬中止を求める意見書」提出阻む 松戸市議会暗黙のルール

  2. 松戸市副議長が不適切ツイートで副議長辞職

  3. 本日は松戸市長選挙投票日です!

  4. 3月議会終わりました!

  5. ”みわ由美事務所開き”開催しました!

  6. 発言を封じる委員長へ「申入書」提出!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ミルミルニュース

カテゴリ